TOP > 活動内容 > 労働相談

労働相談

NPO法人POSSE(ポッセ)は、年中無休で電話・メール・事務所への来所による労働相談を受け付けています。 相談料は一切いただいていません。相談内容としては、賃金未払いや長時間労働、セクハラ・パワハラ、解雇、退職強要など多岐にわたります。 特に最近は、長時間労働やパワハラにより、心身ともに支障を来してしまっている方からの相談が増加しています。 職場の問題だけでなく社会保険・生活保護・奨学金に関する相談にも対応しています。

▼活動内容
NPO法人POSSE(ポッセ)の相談活動は、職場での問題を解決したい、職場の労働環境を改善したいという相談者に対して様々なサポートを行います。 具体的には、まず相談者の話を伺って職場の状況を確認します。 その上で、法律や制度を使ってどのように違法状態を解決できるのかという観点から、具体的な解決策を助言します。 たとえば、未払い賃金の請求方法、労働災害保険の申請方法、パワハラを止めさせるための方法などの情報を提供します。 単に違法状態を指摘して終わりにするのではなく、精神面などのサポートを含めて、問題状況の改善のため全面的な支援を行います。
また、これらを通じて、労働・貧困問題の実態を把握することもできます。 ブラック企業で働く方や生活に困窮している方をサポートしたい、労働・貧困問題の現場を知りたいという方は、相談活動に参加されることをお勧めします。

※相談内容は個人情報保護法に基づき適切に管理しております。
相談を希望される方は相談受付をご覧下さい。

▼活動頻度
24時間、年中無休で相談を受け付けています。行政の相談窓口が受けつけていない時でも対応できます。 また、毎週水曜日は定期相談日として相談受付体制を強化しています。 月末にはホットラインも開催して、フリーダイヤルで電話相談を受け付けています。
相談活動に関わりたいという方は、相談を見学したり、相談を受けるための学習会に参加したりしていただきます。 見学は上述の定期相談日やホットラインの開催日にできます。 学習会は、2週間に1回ペースで、労働相談班にて行っています。ここでは、過去の相談事例を共有・分析、相談を受ける上で必要となる労働法の学習などを行います。また、「ブラック企業」や非正規雇用労働者などの労働問題の実態、その構造的要因などについても幅広く学習していきます。

▼活動実績
年間400件の相談に対応しており、件数は年々増加しています。
2011年には、数多くの労働相談をもとに『ブラック企業に負けない』
また、今年6月には、実際にトラブルに直面した際に重要な証拠となる『しごとダイアリー2』を出版しました。