TOP > 活動内容 > 仙台POSSE

仙台POSSE

仙台POSSEは2010年3月に正式に発足しました。大学生や20〜30代の社会人が中心となって運営し、 労働相談・生活相談を受けてきました。
2011年3月の東日本大震災の発生後は災害復興支援を中心に活動しています。

▼活動内容
@移転支援事業
・引っ越し等の手伝い
被災後、自力で引っ越しをすることが難しく、引っ越し業者に依頼する金銭的な余裕もない方が多いことがわかりました。
そこで、トラックを用意して仮設住宅などへ引っ越す際に荷物を運搬しています。

A生活支援事業
・社会保障制度などの申請サポート
被災者の中には、本来受けられる行政サービスを利用できていない人が多くいます。
税の免除措置、義捐金などの情報が入らない、申請・手続のやり方が分からないなどというハードルがあるのです。
ですから、私たちはそういった制度の周知や申請・手続のサポートをしています。

・仮設住宅からの送迎バス運行
仮設住宅は買い物や通院が困難な立地の悪いところが少なくありません。スーパーや病院など日常生活から
切り離すことのできない主要施設と仮設住宅とを結ぶ送迎バスを定期的に運行しています。

・就学支援
狭い仮設住宅の中で勉強場所を確保することは、容易ではありません。
加えて、子どもを学習塾に通わせることが経済的に困難な被災家庭は多くあります。
このような子どもに対して個別に勉強を教えています。

・就労支援事業(無料職業紹介事業を含む。)
 被災者の生活再建のために、仙台市復興事業局生活再建支援室と協働で、就労支援事業を行っています。
直接的な就労のサポートだけでなく、就労可能な環境を個別に整える「生活支援」や長期間働き続けられるようにする「就職後の継続支援」など、被災者に寄り添ったサポートを展開しています。

▼活動頻度
・ミーティング 週1回(市民活動サポートセンター)
・送迎バス運行 月・火・水・金(仮設住宅)※その都度参加を募ります。
・就学支援 週1回(各世帯)
その他不定期にボランティアの依頼があり、その都度ミーティングで参加を募ります。

▼活動実績
・事業実績
引越し等の手伝い100件
送迎バスの運行300回
就学支援50回
制度申請等のサポート20件

・メディア報道
仙台POSSEの取り組みがJ-CASTニュースで紹介されました。(2011.5.27)
河北新報の朝刊で、仙台POSSEの引越しサポート事業が紹介されました。(2011.7.14)
ラジオ「トーク&トーク」(RADIO3)にスタッフ・渡辺が出演しました。(2011.8.9)
「おはよう宮城」(NHK仙台放送局)にスタッフ・渡辺が出演しました。(2011.8.15)
NHK「おはよう日本」にスタッフ・渡辺が出演しました。(2011.8.23)
テレビ「ニュースの深層」に代表・今野と編集長・坂倉が出演しました。(2011.9.6)
ラジオ「TALKING ABOUT OUR FUTURE」に代表・今野と編集長・坂倉が出演しました。(2011.9.11)
河北新報夕刊一面で仙台POSSEの活動が紹介されました。(2011.9.28)
3がつ11にちをわすれないためにTVに仙台POSSE事務局の渡辺が出演しました。(11/20)
『仙台商圏』(『仙台経済界』臨時増刊号 2012年版)にて、仙台POSSEの送迎バス事業が紹介されました。(12/1)
SYNODOS JOURNALで、『POSSE vol.12』・『POSSE vol.13』の渡辺論文が紹介されました。(12/27)

多くの方々のご参加をお待ちしております。
▼お問い合わせ
【住所】仙台市青葉区本町1-14-20 本町キクタビル601
【TEL】022−266−7630(事務関係)
022−302−3349(相談関係)
※仙台POSSEは、東北地方にお住まいの方からの相談に限らせていただいております。ご了承ください。
【mail】sendai@npoposse.jp
【blog】「仙台POSSE活動報告」